MENU

プロミスの金利を他の大手と比較してみよう!

キャッシングやローンを利用する際に一番気になるのが「金利」です。融資を利用する際には「金利」をプラスして返済する必要があるので、金利のことも考慮に入れ返済計画を立てる必要があります。もし金利が低いなら余計な出費を抑えることができるでしょう。プロミスの金利は他の大手消費者よりも低いはと言われていますが実際のところどうなのでしょうか?比較してみましょう。

・プロミス・・・金利4.5%〜17.8%
・アコム・・・金利3.0%〜18.0%
・アイフル・・・金利4.5%〜18.0%
・ノーローン・・・金利4.9%〜18.0%

 

このように比較してみると、あまり差はありませんが若干金利が低く設定されていることが分かります。

 

プロミスの「30日間無利息サービス」を上手に利用しよう!

30日間無利息サービスとはその名前の通り、一定期間、利息がゼロ円で利用することができるサービスのことです。プロミスの30日間無利息サービスを利用するには条件があります。それは、

@Eメールアドレスを登録すること 
A利用明細書や残高通知などの書類をプロミスのホームページで確認することができるように手続きをすること

この2点を新規契約する際に手続きすることにより、30日間無利息サービスを利用することができます。プロミスの場合、他の消費者金融のように契約日の翌日からサービスが適用されるのではなく、契約が完了して初めて借り入れをした翌日からサービスが適用されるので、焦って利用を開始する必要がありません。

ではプロミスの30日間無利息サービスはどのくらいお得なのでしょうか?30日間無利息が適用されますので、初めて借りた翌日から30日間は元金に対して利息は一切発生しません。そのため、1度全額を返済し、再度借りたとしても期間内なら利息が発生しないということです。
たとえば、初めての融資で20万円借りた場合はどれくらいお得になるのでしょうか?本来なら20万円借りた場合、実質年率17.8%が適用されますので1か月後には2,962円(借り入れ金額20万円×17.8%÷365日×30日=利息2,962円)の利息が発生しますが、30日間無利息サービスを利用するならこの金額が0円となります。30日以内に20万円を全額完済するなら、利息の支払いは一切必要ありません。しかし、もし一部だけ返済をする場合には、残った元金に対して31日目から利息が発生していきます。いずれにせよ30日間は無利息で利用することができるので、お得に利用することができるでしょう。

 

プロミスの実質金利ってどのくらい??

消費者金融の利息は○○%〜○○%と表現されていることに多くの方が気づかれていることでしょう。そのため、もし自分が申し込みをした場合、どの金利が適用されるのだろうか?と思われる方も少なくありません。実際のところプロミスではどの実質金利が適用されるのでしょうか?プロミスでは実質年利が4.5%〜17.8%と設定されています。下限と上限の差は大きくあります。下限金利である4.5%が適用されるなら利息を抑えることができますが・・下限金利が適用されることはまずありません。多くの方が最大金利である17.8%が適用されています。つまり、基本的には貸金業法で定められている最大金利で契約を結ぶ方がほとんどということになります。
では、最大金利である17.8%より低い金利が適用される方はいないのでしょうか?もちろんいます。それは金融取引において信用がある方、つまり、借り入れや返済の実績が多い方や、年収が高い方などは低い金利で利用することができます。しかし、初めてプロミスを契約する方や、すでに他社で借り入れをしている方などはまだプロミスとの間に信頼関係が築けていないので、金利は最大である17.8%が適用されることになります。

 

貸金業法の金利設定とは?

プロミスは融資を実施するにあたり、貸金業法に基づいて金利を設定しています。では、貸金業法における金利の上限をみてみましょう。

・融資額が10万円未満の場合・・・実質金利20%まで
・融資額が10万円以上100万円未満の場合・・・実質金利18%まで
・融資額が100万円以上の場合・・・実質金利15%まで

このように、借り入れ額が大きくなればなるほど、金利が下がるように設定されています。

 

消費者金融は最大金利で融資を提供している!?

貸金業法では融資額が10万円以上100万円未満の場合、最大実質金利は18%となっていますが、プロミスでは若干低い17.8%が設定されています。それは10万円以上100万円未満で融資を受けている利用者が多いからです。しかし、他のアコムやアイフルなど大手消費者では貸金業法で定められている最大金利18%が設定されています。よって、プロミスは他の消費金融よりも若干お得に利用することができる言えるでしょう。少しでも金利を抑えたいと考えている方はプロミスの利用がおすすめです。このように、契約をする際には最大金利が適用されることを前提に申し込みをするといいでしょう。

プロミスの取引には手数料ってかかるの?

大手消費者金融は、コンビニエンスストアに設置されているATMなどでも利用することができるため、多くの方から支持されています。コンビニはどこにでもありますし、24時間営業しているため、急にお金が必要になった際にはとても役立ちます。実際、プロミスの取引もコンビニで行うことができますが、コンビニを利用しての取引は手数料が発生します。しかし、プロミスATMでの取引は手数料無料で利用することができます。なので、手数料を抑えたい方はそれが無料のプロミスATMを利用するといいでしょう。ではここで、プロミスを利用することができるコンビニATMとその手数料についてみてみましょう。

 

プロミスと提携しているATMとは?その取引手数料とは?

プロミスは数多くのコンビニと提携していることに加え、複数の銀行とも提携しています。その中でも三井住友銀行は取り引き額が1万円以下でも1万円以上でも手数料が無料で利用することができます。それに加え、以下の銀行やコンビニでもプロミスを利用することができます。

・三菱東京UFJ銀行
・イオン銀行
・東京スター銀行
・スルガ銀行
・ローソン
・イーネット銀行(ファミリマート・ミニストップ・スリーエフ・デイリーヤマザキ・コミュニティスト・セーブオン・ポプラ・セイコーマート・生活彩家)
・セブンイレブン

これらは取引額が1万円以下の場合は”108円”、取引額が1万円以上の場合は”216円”取引手数料が発生します。

 

三井住友銀行ATMは取引手数料が無料!

上記でも見たように、三井住友銀行は取引額にかかわらずプロミスを無料で利用することができます。そんな便利な三井住友銀行ATMの営業時間はどうなっているのでしょうか?24時間営業しているATMもありますが、利用できない時間帯があるATMもあります。利用する前に公式サイトで営業時間を確認することをおススメします。

 

 

取引手数料を無料にすることができる?!

三井住友銀行以外の提携ATMでは取引手数料が発生しますが、これを無料にする方法があります。それは「ポイントサービス」です。プロミスのインターネット会員サービスを利用するごとにポイントが貯まっていきます。それを利用して取引手数料を無料にすることが可能となっています。お得に利用することができるポイントサービスを利用してみるのはいかがでしょうか?